会員だより
 
 「がん市民セミナー」を聴講しました。
  今日、2月24日は、水戸医療センターで「がん市民セミナー」が催された。前から参加申し込みをしていたので主人と参加しました
 講演1)は、「ロボットを使った胃癌手術」と題して、水戸医療センター臨床研究部長の湯沢賢治先生。講演2)は「緩和ケア病棟を知ってますか?」と題して、がん性疼痛看護認定看護師の木村梨奈さん。
 次は、「がん体験談」。主人は胃全敵手術だったので、とても参考になりましたた。ダビンチ手術はすごい。もう私はダメですけど、どちらかというと、緩和ケアの方かなぁ~。
 私は、やはり自宅で過ごしたい。笑って、できることはやる。そういう最期にしたい。
 (後藤睦子)

「会員だより」の目次へ