会員だより
 
 しろやまざくらが「5周年セレモニー」 
 「しろやまざくら5周年セレモニー」が7月17日に行われました。
 今年は、水戸医療センターの職員の方々による演奏があるため午後2時から始まりました。お楽しみの第三部ミニコンサート。普段、白衣姿の医師の方々の四重奏(フルート・バイオリン・ビオラ・チェロ)とても優しい音色が会場内いっぱいに響き渡りました。
 次に看護師のグループによるハンドベルの演奏。忙しいなか、練習不足を気にされていましたが、涼やかな音色に合わせて会場内参加者の合唱、会場の中がひとつになりました。
 次にサロンメンバーによるフラダンス。歌うことは健康の源のような大御所2人による独唱、音楽ボランティア「ローサス」による演奏と合唱等々、あっという間に終わりの時間になってしまいました。こんな素敵な時間をもっといろいろな人に体験して欲しいなと思いました。
 (石川 順子)

「会員だより」の目次へ