がんサロン「なでしこ」

毎月第1木曜日午後2時から/水戸済生会総合病院丹野ホール



なでしこ例会
 3月3日 14:00 今回から、マスコミを通した広報を取り入れた。参加者12名+看護師4名。新規の方は、就労問題等を抱え、深刻。別の方は、治療法と医師・病院の治療実績を問う。
 難しい問題が話題となる。リピーターのお一人は息子さんの卒業を待ち焦がれているとのこと。

「がんサロン なでしこ便り」

がんサロンなでしこの歩み


 がんサロンなでしこは、平成26年5月にオープンしました。
 毎月 第1木曜日 14時~16時まで 水戸済生会病院 5階丹野ホールで開いてきました。

 参加人数は4名から始まり、20数名になったこともありますが、現在は10数名に落ち着いています。サロンの会場には季節の花が飾られ、時には看護師さん製作の押し花の額が置かれて、サロンの雰囲気をあたたかくしています。

 毎回 自己紹介をし、近況報告をして、参加した人達のがんの発病による辛さや、苦しみ、悲しみなど心のうちを話し合い聴き合っています。治療方法のことや、副作用のことなど内容は多岐にわたっています。話し聴いてもらうことで病気が治るわけではありませんが、気持ちは解放されてきたことと思います。常時看護師さんがいて、サポートしてくれることも心強いことです。

 2時間のうち後半20分から30分で、便秘のこと 花粉症 インフルエンザ 熱中症 脳梗塞、口腔ケアなど学んできました。

 平成27年5月には1周年セレモニーをし、緩和ケア病棟医師のお話を聴き、チェロの演奏やフラダンスを楽しみました。12月には済生会病院の音楽クラブの皆さんのクリスマスコンサートを楽しみました。もう少しで2年が過ぎようとしています。これからも患者の方が気軽に来られるよう そして家族の方も集えるようなサロンにして行きたいと思っています。
大森 
 (NPO法人 茨城県がん地域医療を考える会 会報より)

「がんサロン」目次へ