がんサロン「友部やまびこ」   毎月第1月曜日 午後1時から3時
   県立中央病院がんセンター
(PCU病棟5階)食堂

8月例会案内チラシ(茨城県立中央病院サイト)
「友部やまびこ」の詳しい紹介もされています。


これまでの例会のひとこま

平成28年3月7日 がんサロンやまびこ例会

 マスコミを通じた広報の所為か。新聞記事を見てきましたという方が3組おられた。
 陽子線治療にかける方、父親の最期を思い起こす方、旦那さんの健康に気遣う方、それぞれ思いを語っていただきました。閉じこもらず、皆さんと共有することの大事さを感じ取れました。

がんサロン 友部やまびこ便り
 
 「友部やまびこ」は平成26年5月15日に茨城県立中央病院に設置されました。患者や家族の自主運営により、毎月第1月曜日、1階災害医療センターに於いて午後1時より午後3時まで開設していますがん患者、家族同士でがん関連の情報交換や、医療者による「化学療法と副作用」「インフルエンザ対策」等の勉強会も実施してきました。また、「シルバー体操」を毎回実施し、参加者の健康維持に努めています。平成27年6月1日には、1周年記念の集いを開催しました。
 この日、乳がん患者のYさんが、死の恐怖やがんを受け入れる過程を振り返った上で「サロンには、一緒に泣き、心から心配してくれる人がいる。後悔がないよう生きて生きたい」と語りました。
 27年7月「マウスケア」、9月「食事の工夫」、11月「緩和ケアについて」等勉強会を行いました。又、入院前の患者・家族、入院患者、退院間近の患者さんなどと患者としての心構え等についての情報交換もしています。がん患者や家族と交流して、少しでも悩みや不安の軽減を図ることができればと願い、医療者、関係各位のご協力を得ながら意義のある「サロン」になればと思っております。                
 松田 薫 
  (NPO法人 茨城県がん地域医療を考える会 会報より)

「がんサロン」目次へ